メディカルアロマを学ぶスクール選び

フランスで生まれたメディカルアロマは、日本で一般的に知られているアロマテラピーと異なり、本格的な代替医療として行われているアロマテラピーです。フランスやベルギーにおいては、このメディカルアロマは実際の医療として保険が適用されています。日本ではまだ知名度は高いとは言えないものの、医療や福祉現場、鍼灸院や整体院においては、トータルヘルスケアの一環としてこのメディカルアロマを取り入れているところが徐々に増えてきています。いくつかの民間団体がそれぞれの機関でメディカルアロマの認定や資格制度を設けており、メディカルアロマセラピストを目指す人々が、それらの資格を取得するためにスクールに通っています。現状、資格は統一されていないため、民間団体によってメディカルアロマの考え方ややり方に違いがあり、開業を目指して資格を取得するのであれば、それぞれの特色を知った上で、自分にあったものを選ぶようにすることが大切です。

医療現場で使えるメディカルアロマを学べるスクール

メディカルアロマセラピーと一般的なアロマセラピーの違いは、医療現場でも用いる事が出来るという点です。精油の知識やマッサージの手技だけでは無く、その精油はどのような疾患に対してどんなふうに有効に働くのか、どのように用いればより効果的なのかなどを学ぶ事が出来ます。病気にたいしての知識や身体の解剖生理を学ぶ事も出来ます。机上の学習だけではなく、実際に身体を使って技術を身につけていきます。メディカルアロマセラピーは代替医療や補完療法とも呼ばれ、現在の医学では治しきれない病気に対し症状を和らげる手助けをする事が出来ます。医療現場以外で働く際にも、身体や病気にたいしての知識を得る事で自分の自信にもなり、お客様をケアする際にも自信を持って行う事が出来ます。スクールによって費用もライセンスも様々ですが、知識と技術を身につけたい、自宅でサロンを開きたい、ボディケアのお仕事をしたい方にお勧めです。

メディカルアロマのスクールに通う

メディカルアロマの資格取得するためには、スクールに通い勉強する必要があります。そのため、認定校に行き講習を受けながら知識を増やしていきます。基本的にはその精油の効果や学名などを覚えていきます。もちろん、使い方も知っていくことになります。試験では学科試験もありますが、論文などもあり知識がなければ受けられない資格になります。そして、コースも様々あり目指すところによって変わってきます。そして、資格にも種類がありアドバイザーやインストラクターやセラピストなどと別れています。そして、自分で開業してやるのであれば最低限アドバイザーとしての知識を増やすことが必要です。そして、インストラクターになれば認定校を開くことができて、多くの人に教えることができます。そのため、スクールに通うときには、アドバイザーから初めて徐々にスキルアップをしていく必要があります。